MENU

本日の一枚

GoToキャンペーンの抜け道

2020年11月15日 Comments (0) Views: 16 info

長野

11/20で長野バスターミナルにある「草笛」が閉店します。うまい手打ちそばを1000円くらいで腹いっぱい食べられる夢のようなお店です。2年ほど前にやっと大盛を制覇しました。おばちゃんに大盛食べられた?食べられたの、よかったね!じゃぁ、この飴あげるねって言われたことを思い出します。

そのお店がなくなってしまう。長野駅の駅ビルにもあるのですが、どうやらそこは名前貸しというか本店の流れではないようです(友達情報なので信ぴょう性はわかりません、裏はとってません)。本家か暖簾わけかはまぁ、いいのですが、ここは大盛が食べられない。それが大きな問題なのです。草笛は大盛を食べるという意味で、ボクの奏では意味があるため、中盛りを食べたからと言ってここに来る意味はありません。

だから、今週食べにいくのです。

2年ほど前に完食したときは仕事で長野を訪れていました。その取材最終日に、草笛を食べておこうと訪れて、しっかりと完食したのです。おいしかった。またいつか。そう思ってお店を後にしたのに、こんなことになってしまった。悲しくて寂しい気持ちになります。たぶん日本で一番おいしい蕎麦屋さんです。まぁ、この話を続けてもしょうがないので、先に進みます。実はここから書くことこそ、言いたかったことでもあるので。

長野市内にはガラスとかカフェとか雑貨店とか雑誌社とかかなりいいお店があります。今回の蕎麦紀行で蕎麦だけっていうのもなんだかもったいないので、ひとつだけ回ろうと思っていました。それがオンドワークという革細工のショップです。

2年前に取材をさせてもらって、(あー、いろんな人との話がぶわっと帰ってきました。懐かしいなぁ)、話は戻りますが、取材をさせてもらって、革細工を作ってもらうならここがいいなぁと心に決めたお店です。最近は財布にいかにお金を使わないかをテーマにしていて、今は100円ショップで入手したスマホケースを使っています。安い。たしかにテーマを満たしています。耐久性だってある。財布に見えないというのもいい。でも、詰まんないんですよね。飽きちゃったんです。でね、長野に行くならそのお店で作ろうと思いました。そうしたら一生使える財布を作ることができる。もう既製品を買ってきてもいいや、とりあえず顔が見てみたいな。

そう思ったら、行く予定の曜日がお休みでした。しょうがないな、明日はいけないし、と思ってサイトのブログを見ていると(データが重いのか写真がなかなか表示されない)、2020.10月くらいのブログに引っ越しして3か月たちましたと書かれていました。ん?引っ越ししちゃったの?と思ったわけです。そうしたらサイトにある「MAP」ボタンをタップしたんですよね。

Google Mapが表示されます。長野県ってことはわかりますが、最初に表示された場所には駅らしきものがない。上部には「新幹線」の文字もある。えーとー、長野駅から歩ける場所から移転しちゃったんだね、どのあたりまでいっちゃったの?とMAPを広域にしていきます。まだ長野駅が出てこない、あれーと思っていると、やっと出てきました。ひと山超えた北に20キロくらい離れているところ。あらー、これは長野駅から歩いていくことはできないなー、長野駅から車か、電車で最寄りまでいくかだな、と。

長野って電車で動く人がかなり少なく、電車で近くにいってもタクシーがほとんどないし、ましてやレンタカーなどできないのが常識です。ですので、長野駅まで新幹線でいき、そこからレンタカーするか、自宅からレンタカーで直接お店に向かうのがいいってことになります。

それだけいい革細工やさんなんですよ。一生ものはここでと決めてます。ベルトも作りたいし、財布だって作りたい。一生付き合っていって、壊れたら直してもらいたいし。

今はしょうがないので、蕎麦だけ行ってきます。財布はとりあえず連絡だけしておいて、後日打ち合わせに行こうかな。もしかしたらzoomで打ち合わせできたりするのでしょうか?それはとても助かるけど、なんか味気ないな。やっぱり会いに行きたいし。費用対効果とか、時間の節約とか考えてオンラインで注文とかしたくないしね。車でいってくるかね。そうしましょ、そうしましょ。という決意表明でした。

https://ondworkshop.com/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

Tags: , ,

Comments are closed.