MENU

ロゴを作りました

オージー話

2017年1月23日 Comments (0) Views: 185 Diary

オーストラリアの仕事をしています

オーストラリアって今、真夏なんですよ。
クリスマスにはサーフィンに乗ってサンタがやってきたり。
すごい素敵な国、オーストラリア。

そのオーストラリアの仕事をやってます。
東京は寒いなーと思いながら、オーストラリアの温かそうな写真を見ながらどんな企画にするか日々考えています。

コアラを抱っこするにはどんなことに注意しなくちゃいけないとかね。

コアラって抱っこできるんですよ。限られた場所でしか抱っこはできないんですけれど、抱っこができます。すごいですよね。日本の動物園だとガラス越しでしか見られないコアラを抱っこできちゃうんですから、すごいな、って純粋に思います。

でもね、このコアラ、ストレスに弱いって知ってますか? 抱っこされたり、わーきゃー騒がれるとストレスで死んじゃうんです。だから、ストレスで死なないようにオーストラリアでも限られた場所しか抱っこができないんです。限られた場所でもルールが決まっていて、指導員がどうしたらいいかをしっかりと教えてくれながら、恐る恐る(文字通りに恐る恐る)抱っこします(笑)。抱っこされる方も恐る恐る、抱っこする方も恐る恐る。まるで、高校生が初めて好きな異性と手をつなぐみたいな、そんなキュン、とはしないか(笑)。

動物に関してはコアラ以外にもいろいろと決まりがあります。イルカには触れてはいけないし、クジラには何メートル以内に近づいてはいけない。でもここがいいなぁと思うのはイルカがかってに近づいてきて、肌が触れ合ってしまったらしょうがないことだし、クジラが船のすぐ近くまで来てしまったらそれはしょうがないよね。っていうスタンスが残されているところ。だってたまたま来てくれたんだから。そんな瞬間に遭遇したら、ものすごくうれしいですよね。

シドニー近郊(っていっても車で結構走りますが)にポートスティーブンスという港町があります。ここでホエールウォッチングに参加したことがあります。そのときはほんとうにうれしかったなぁ。なにがうれしかったかというと、双眼鏡で海上でブリーチングするクジラをみんな一生懸命探してたときのこと。私は探すのが疲れっちゃって、みんなが探している方向とは逆の甲板に向かったんたんですよ。そうしたら、ヌーーーーーーって、海面から黒い背中が、悠遊と泳いでいたんです。それはそれはもうほんとうに優雅で。そしたら、潮を吹いてくれて。ブシューって。その潮に光が反射して、虹ができたんですよ。ほかの乗客は明後日の方向を向いていたので、その景色を独り占め。感動していると、ヌーって、彼だか彼女だかは海面に姿を消していきました。とってもいい光景ですよ。

クジラを見られるのは日本が真夏であちっちちのときです。熱さを忘れるためにオーストラリアへ。今年のお盆はクジラに会いに行こうかなーって思っちゃいました。

今日はこの辺で。

せっかくオーストラリアの仕事をしているので、昔取材したときの話をちらちらとアップしていきますね。お楽しみに。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です