MENU

すみれ

街歩き

2017年2月21日 Comments (0) Views: 325 Diary

DM配ってます

特許とろうかなーって考えることってありますよね(そんなにないか(笑))。

美容室さん向けのチラシを作っています。ヘッドスパの一種なのですが、その講習会へのお誘いチラシです。デザインからPRまで担当しています。担当するからには今までのやり方を変えてみたいと思うじゃないですか。だから仕事は楽しいんですが、楽しいだけではなくって、結果を出さなくてはいけないから汗をかかなくてはいけないところも多いのは事実。

高校がちょっと変わったところで、自由を重んじる校風だったんです。自由には責任が伴うというところが面白く、何かにつけ、自由にやらせる、ただし、責任も果たすこと。とよく言われました。自由にやるってことはやりたいことを勝手にやって、あとは知らないというわけではなく、誰かに配慮したり、ルールをしっかりと知ることだったり、そんな裏にあることへ気を遣わなくてはいけない。それを青春時代に叩き込まれました。

だからというわけではないのですが、自由にやることにはとても意欲的であったりします。
社会人になると自由にやることには結果が付いてこないと次へとつながりにくいということがありますよね。だからというわけではないのですが、やり方を変えることに臆病になるひとも多くいらっしゃいます。だからこそ、打合せや企画を伝えるときに断言することを避けてしまっていること、ありませんか?
(自己啓発的な言葉の使い方をしてみましたw、ドキドキするこの感じ)

でも、「何かやってみて」「このままでは良い方向には向かわないから、変えてみて」という依頼が多いので、「オリジナリティー」を探すことから仕事がスタートします。ゼロから考えることの楽しさ、うーん、楽しいからやっているわけではないので、生来やってしまうという感じなのかもしれないですね。

とにかく既存のものが嫌いなんです。ふとしたときに時間をつぶさなくてはいけない幸せな時間が訪れたりします。あんまりないんですが。そんなときにカフェに入ると、本を読むでもなく、何かについて熟考している自分がいます。これはこうじゃないんじゃないか、自分だったらどうしたらいいのかなんて、いろいろとシュミレーションする。そんな熟考の蓄積が企画に生きてるんだーなんて浅はかなコメントは残しませんが、とにかく自分ならと考えることが多い。

芸術家ってものすごい数の作品を描きます。一生懸命というそれに向かうのではなく、それに向かってしまうというのが正しいんだろうと思います。ご飯だって抜いちゃうし、寝るのも忘れちゃう。それくらいに強いベクトルで作品に向かっていく。それに近いんだろうとふと思います。自分ならどうするか、どうしたら意味があるのか、それをじっと考えている。気が付くと夜になっていたりする。それほどまでに考えちゃうんですよね。で、出た答えを実行してみる。

まぁ、半分はうまくいきません。やってみるとそう簡単にはいかないってことが始めた瞬間に感じたりする。でも、実際にやってみるとやった者しかわからない気付きがあるんですよね。それがとても面白いし、それを起点にまたいろんなことをかんがえて実行してみるっていうスパイラルが始まっていく。それも心地よいんですよね。

あー、何の話なのかというと、考えることが好き!っていう話ではなくって。ここまで脱線しちゃいましたけど。美容院、そう、美容院のチラシを配ってます。DMにするのではなくって、手渡しです。忙しいんだよって明らかに無視をされることもありますが、手渡しなんです。それで1日30軒くらいの美容院に渡していく。とても楽しいです。大変ですけどね。でも反応もかなり出るので面白いです。

参加する人が連絡をくれるのも面白いんですが、美容院ってどんなことに困っているんだなってことが肌でわかって来るというのがとっても面白いんです。来週は中央線で手渡しします。あー、楽しみっす。

あー、ミスタードーナツってアルバイトしたときのエピソードを書こうと思って、この内容を選んだのに、書けませんでした涙。次どこかでそのエピソードを披露しますね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です