MENU

電子書籍を作ってます

2019年6月10日 Comments (0) Views: 155 未分類

サイトの案件をいくつか受注しました

カレー店のサイトのほかに、先日洋菓子店のサイトを受注いたしました。長い付き合いのあるお店だったのですが、facebookで情報発信をしているものの、シェフが片手間に更新しているだけのページで、本丸ともいえるサイトがないので「fbを見たけど、お店ってどこにあるの?わからない、行けない!」というチャンスをものすごく失っていることに嫌気がさしまして、提案して受注しました。

合わせて商店街のサイト構築も受けています。こちらは220件の取材とサイトのデザイン、ロゴ制作と一式丸ごとです。

一般的な商店街のサイトは見ても意味のないものになっています。

10年ほど前に、広告代理店が助成金目当てで受注し、丸ごと印刷所などに投げて収益化しています。問題はリニューアルできない、ということ。商店街は広告代理店に発注する際に助成金を申請します(つまり税金です)。それを使って代理店や印刷所などは仕事をします(もう格安で外注に出すので質が悪いのも多いです)。問題はここからでメンテナンス費用などはここの仕事に含まれていないということ。ですので、更新しやすい作りをしてほしいと要望を出す商店街さんもいますが、だいたい本業が忙しいので記事を更新する余裕などなく、結果として放置されているというのが現状です。かなりの確率で放置されているサイトがあります。たぶん9割くらい(ここに商機があるのですが、それは残念ながらここでは書けません)。

ウエブのコンテンツは静的で問題ないものと、動的でないと意味がないものがあります。商店街のコンテンツもそうです。動的なものが圧倒的に不足しています。そこをしっかりとフォローすることでお客さんが商店街の良さを再認識します。そのチャンスを逃している状況なんですね。

商店街はお客さんに来てほしい。でも情報発信はしない。ではお客さんは来ません。そのお手伝いをしていきます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です