Neewer ビデオライト 176 LED球 を買ってみました

実際に購入して、使い始めるまでにいくつか困ったことがありましたのでメモしておきます。

セットで「Vemico NP-F550」を購入しました。理由はオレンジが好きだから。

Vemico NP-F550を充電すると7割すでに充電してある状態だったので、Neewerビデオライトに装着しました。そうしたら「99」の表示が2回点灯して消えました。スイッチを押しましたが、「99」の表示が2回点灯して消えます。まずここで壊れているのでは?と不安になります。でもご安心を。

スイッチは2段階あります。

軽く押すとバッテリーの状態を表示します。それを押し込むように長押しすると電源が入ります。電源が入って「おお!」と喜んでいると1分くらいしてパッと消えて、「LO」の文字が点灯しました。

「LO」表示の対処法

表示内容はバッテリーの電力が足りないよ、というもの。実際に長い時間使っていればバッテリー切れの可能性がありますが、使い始めに出てきたら誤作動です。バッテリーを脱着して電源を入れるということを何度か試せば「99」の表示に変わります。

使い心地は最高です

ビデオ撮影はもちろん、スチールにも使えます。軽くて充電式ですし、なんといってもつけっぱなしでも熱くなりません。小さな三脚をつけて卓上灯として使えば料理も簡単に撮れちゃいます。ソフトボックスを作ってモノブロックで光を飛ばしていたころが懐かしいくらい。設営は3分あればOK。レフで手前を起こせばあっという間に料理撮影ができてしまう。湯気もキャッチ可能です。動画撮影を始めるには絶対に必要なグッズですね。

レフで起こしてもいいのですが、2灯システムにするか3灯システムにしても1灯が3000円ですので、バカみたいに安いです。モノブロックは1灯で5~7万くらいしたことを考えるともう、ガチャガチャを買うくらいに安い。最高です。

今回はテストとして1灯だけ購入したので、もう1灯購入してみます。そうしたら動画の撮影は画期的に楽になりますね。どんな撮影方法があるのはご紹介しますね。

ではではまた。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page