バンコク ドンムアン空港 1枚目 タクシー

バンコクに到着して、到着ロビーを出る。「タクシー?」とそれこそ3年前にはたくさんのタクシードライバーに声をかけられたのに、このときはほとんど声をかけられなかった。ウーバーの影響かな?

便利になるってことは偶発的な出会いがなくなるんですよね。アプリでタクシーを呼んで、行き先もドライバーは知っていて、とくに話すこともない。それはとても寂しいことですね。

押しが強いドライバーだけど、ついて行ったら運転もうまくて、いつもよりも早かった。LINEの交換をして事あるごとに呼び出したらすぐに来てくれる。最終日の夜はおいしいローカルのレストランに連れて行ってくれた。。。という思い出もできない。

毎度毎度メーターを使ったか?ここまでいくのか?(バンコクはとくに行き先を確認して乗らないと「オレはそこにはいかないから降りて」ということにもなる)メーターの値段はバーツだよね?というめんどくさいけれど、挨拶のように交わされるその確認が必要なくなるのかもしれないなぁ。それって、とっても寂しい。

前回、取材を一緒に回ったカメラマンは「毎度面倒だね」というけれど。昔から旅行が好きな人はその面倒を乗り越えることこそが旅の楽しみで、タクシーとのやり取りが面倒だとは思ったことがないんだよな。それを説明したところで、彼はふぅーんとしか言わないだろうけど。海外旅行はこんなタクシーとのやり取りが面倒と思う人たちによって、確実に楽しさは減っているように思います。まぁ、旅行を楽しみ方も人それぞれだから、しょうがないけど。

他人から面倒と思われることを続けるのは愛情でもある。なくなると寂しくて、あぁ、実はとても愛してたんだと気が付くことに近いですよね。

初めての街角に立って、行き先を確認するときのドキドキを、トキメキととるか、それとも不安と取るか。それによって人生は大きく変わるような気がするけれど、海外旅行もそうで、不安と取る人によっていろいろなものが変わってきちゃったなと思うこともあります。地球の歩き方を地球の迷い方という人たちとか。海外旅行で失敗しないようにガイドブックを手に取り、スマホをもって目的のレストランで食事して、道に迷うこともなく帰国する。それはそれでいいんだけど、自分はそうではなくて、偶然の出会いとか、発見とか、それこそトラブルとかがあってこそ旅行だと思うタイプなんですよね。

まぁ、テクノロジーが旅をぐっと面白くしてくれるのもたしかで。SNSでつながった人と旅行先で会い、話をする。google翻訳を使って、ローカルの人と会話する。それはとても素晴らしくって、テクノロジーってやつが橋をかけてくれてコミュニケーションできて、楽しい思い出ができる。無数にある言葉を超えて、意思の疎通ができて、やっぱり同じ人間じゃんと思えること。これはすごいなぁ。

なんだか、取材時1枚目の写真を補正してブログにアップしたら、そんなことを考えました。あー、海外旅行がしたいなぁ。年末くらいにはいけるといいのですが。

バンコクの発着便を調べたら国際線はすべてキャンセル。国内線のみ飛んでますね。
このリストで「CANCELLED」の文字が消えるといいなぁ。

https://aot-portal.kdlab.dev/dmk

HongKong Airport

10時ごろに香港到着。

眠くて、お腹が空いていて、感動よりもいろんな”欲求”に包まれていました(笑)。入国審査もめちゃくちゃに並んでいたし。香港の人気っぷりをまざまざと感じました。

1時間以上かかってようやく到着ロビーに出てくると、まずは換金。1万円が500HK$にならないくらいのレート。けっこうレートは悪かったな(ちなみに重慶大厦だと700HK$くらいだったかな)。

まずは腹ごしらえと、ターミナル内にある有名な麺料理店っぽいところへ。店頭にあるメニューをみると、漢字なのでなんとなーく、わかるのがうれしいですね。これはワンタンメンかーとか、これはエビが入っている、これは豚かとか。

と、ふと目につくメニュー。とてつもなく高い。460HK$。9000円前後ってことになる(空港のレートで計算したわけですが)。きゅうせんえん??燕とか書いてある。あー、燕の巣が入っているわけか。9000円の麺か、たぶんこの先なかなか出会えないだろうな・・・・しばし悩みました。ネタになるし、それにお肌プルプルになるかもなーと。それにしても高いなー。

悩むこと5分。角煮入り麺を注文しました。いやー、やっぱり今頃になって思いますが燕の巣入り麺。食べとけばよかったかなー。9000円で燕の巣、逆に安かったかも??(そんなことをいまだに思うのも庶民的というか、ね)。

麺55HK$が到着。肉の火通りも最高だし、青菜も完璧。空港のレストランでこのクオリティ。。。香港オソルベシ。麺を持ち上げるとこれまた細くて、20年ほど日本で流行ったとんこつラーメンのばり固とか、粉落としとかを思い出しました。しかし食感がとんこつラーメンの麺とは全然違うんですよ。弾力がしっかりとあって、固いだけではない。スープもいろんな出汁が複雑に絡み合って、遠くから八角の香りがやってきて、目の前を通り過ぎる。まるで救急車のサイレンのように、後味はちょっと違った印象を残してくれる。ものすごくおいしい。あっという間に完食。スープも完飲。

爽快感に包まれて店を出て、ターミナルで写真を撮ると、天使が写っていました。写真の右端に映りこんでいるのですが、ホットパンツになかなかなお腹。やっぱり香港すげーところだなと思った瞬間でした。